MENU

BOOKS

Pick Up

NEW!  装いを新たに待望の復刊です!!

ミックモックの世界  

2020年12月に、郡山でミックモック朗読劇公演が開催されました!!

朗読劇公演は、2013年に東京の青山クロスシアターで初上演されてから、日本各地で形を変え開催されてきました。

8歳の少年ミックモックが投げかける純粋な問いかけ、平和とは?命とは?を、大人とこどもが一緒に考える機会になってくれたら…と福島の実行委員会が結成されたのでした。

全世界がコロナウイルスの脅威にさらされ世界のあり方が大きく揺るがされている今、

この朗読劇公演が問いかける真の平和は、来場者の感想を見ても、人々にとって大きな光となったように思います。

そしてこのムーブメントは、今年は東京で!!と繋がることになりました。

こうした活動から、この時代を生きる子どもたちのそれぞれの心に豊かな創造の広がりと感受性に火を灯し、平和な世界を築く大きな力となる事を期待しております。

左の写真は福島公演の最後に歌ったミックモックの歌です。

 

 

ミックモックシリーズの本の読者から、これまで様々なムーブメントが起きてきました。

読み聞かせや、ラジオ、お芝居、そして朗読公演など…

2020年までの全国で行われてきた活動は「ミックモックの世界」のページでご覧いただけます。

news

COLUMN

Column

街かどのバトルロイヤル−2

仙台パルコの一階にある台湾料理のお店。 店頭にひときわ目立つノボリにご注目❗️ 1971年誕生、バナナ餃子‼️ さて、その正体は? ①中身がそのままバナナ ②豚肉、キャベツ、ニンニクにバナナを混ぜてある。 ③バナナの葉っ

Read More »
Column

街の灯

この光の下に誰かがいる。 この灯りのもとに家族が寄り添っている。 さまざまな事情と想いを抱えながら。 世界が動いているとき、自分だけが動いていないように感じる時がある。 まるで、置いてきぼりにされたかのように。 そして、

Read More »

Column Again

NEW!!

現在は購入が難しくなった書籍から、ランダムに抜粋してコラムとして掲載しています。

「永遠」を生きる旅人たち

~「本当の自分を見つける方法」より 友人にお芝居をやっている人がいる。町の小さな小劇場で演じている。その世界では有名だけど、役者だけでは食べていけない。しかし、「食べていけない」というのは、役者をやっていない人の視点であ

Read More »

「人間」を超える夢

 ~『夢わたり』より~ 「朝は四本足、昼は二本足、夜は三本足の生き物はなんだ?」 スフィンクスは、旅人に問いかけた。その両目の水晶の奥に、深い炎を宿して……。 答えは「人間」。生まれた時は四つん這い。成長して両足で歩くよ

Read More »

あなたの光を少し分けてください

「ささやかな応援なら私にもできる!」

・・・そんな想いの中から、このボランティアが生まれました

それが、 被災者を支援する
愛の光500 運動

~ あなたの参加で世界は確実に変わります ~

   あなたの500円が世界を救う!

 「愛の光500」運動への参加をお願いいたします!

・・・・戦争、地震・洪水などの自然災害、貧困、病気、孤独、そして、人間によって傷つけられてきた、もの言えぬ多くの動植物たち。
地球には私たちの知らない数多くの苦しむ同朋がいます。
きっと、「何か良いことをしたい」「困っている人を助けたい」と思っている方はたくさんおられるでしょう。しかし、なかなかボランティア活動まではできない、という方も多いと思います。
でも、「ささやかな応援なら私にもできる!」・・そんな想いの中から、このボランティアが生まれました。
それが、「愛の光500」運動です。

1998年に発足して以来、「愛の光500」に集まった尊いお金は、世界各地の震災の被災者に、動物実験で醜い目に遭う動物の救済運動に、野生動物の保護への支援、捨てられた犬やネコの保護への応援、戦争などによる難民への食糧支援、地雷の犠牲者に義足を贈る援助等、地球の生きとし生けるもののために”循環”させてまいりました。
そして、今後も100%本当に「寄付」が生きる形で活用して行きたいと考えております。なお、寄付金の行き先は、こちらのサイトにてご報告をしています。